第36回シニアパソコン教室親睦交流会に出かけてきました。

今回の親睦交流会は、八日市の大凧まつりと、陶芸の町信楽町を散策してきました。

今回は八日市の大凧まつりの模様をお届けします。
当日は昨晩からの雨で最悪のコンディションでしたが、雑賀会長のパワーのお陰で、雨が降ったのはバスに乗っている間だけで、大凧まつりの会場につく頃には雲はあったものの雨は一適も降らず、後半は青空まで見えていました。
雑賀会長のお力には、毎回驚かされています。
会場に着くと、もうすでに様々な凧が大空を、舞っていました。
まず最初に登場したのは10畳の大凧が宙に舞いました。
次にメインイベントの100畳大凧の登場です。
100畳の巨大な凧がゆっくり宙に舞い上がっていく様は雄大そのものでした。
大凧を揚げるには1畳に対して一人のが必要との事で、100人以上の人の力でこの大凧を上がるのだそうです。
今回は平成15年以来の大成功だそうで、最近はこのまつりの大凧は飛ばない大凧と呼ばれていたそうです。
6年ぶりに大空を舞った大凧を見れて、私たちはとても良い時に訪れることが出来ました。
20分以上大凧は大空を舞い最後は大きな音と共に地面に落下しました。
100畳の大凧が終わると、地元の子供たちなどが作った、2畳の大凧のコンテストが行われていました。
次回は陶芸の町信楽町の散策の模様をお送りしますのでまっていてくださいね。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

100畳の大凧の登場です
画像

6年ぶりに100畳の大凧が大空に舞い上がりました
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


撮影 小川

"第36回シニアパソコン教室親睦交流会に出かけてきました。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント