チョコレート効果・・・

画像


お菓子として人気ある「チョコレート」。

チョコレートを食べることで健康に良い、さまざまな効果

が得られるそうです。

ここでいうチョコレートは、どちらかといえばスイーツと

よばれる部類のものではなく、カカオマメ含有何% と

部類分けされる種類の方です。

チョコレートに含まれるたくさんの成分。

なかでも注目なのは「カカオポリフェノール」と

よばれる成分です。

血圧低下や老化防止などの効果が期待できる

そうです。

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、血管

を広げる作用があるとのこと。

一般的に、高血圧とは血管が詰まり細くなることで、

血圧が上昇している状態のことをいいます。

この時、カカオポリフェノールを摂取することで

血管を広げ、血圧低下の効果を得ることが期待

できるといわれています。

ただし全ての人が、チョコレートの効果で血圧を

下げられるわけではありません。

チョコレートは、お菓子であり

薬剤ではないからです。

それから、動脈硬化を引き起こす原因の1つは

「LDLコレステロールの酸化」といわれてます。

LDLコレステロールとは 、人間の体内に存在する

脂質の1種です。

「悪玉コレステロール」とも呼ばれ、

肝臓から各細胞へコレステロールを運びます。

カカオポリフェノールには

この「LDLコレステロールの酸化」を防ぐ

「抗酸化作用」があるため、動脈硬化を予防

できるといわれています。

さらに「抗酸化作用」は、シミ・シワを防ぎ

老化防止も期待できます。


さらにカカオポリフェノールの「抗酸化作用」は、

動脈硬化を予防する効果も期待てきるそうです。


結果、「抗酸化作用」によって、老化を防ぐ働きを

受け、年齢とともに増えるシミ・シワなどを防ぐ

事になります。

老化の原因は人の体内にある「活性酸素」と

いわれていますが

カカオポリフェノールの「抗酸化作用」がこの活性酸素の

働きを抑え、肌のトラブルも防いでくれるといわれて

います。

おいしいチョコレートを食べて

健康につながる。

どのくらいの量を食べればベターなのかについては

1日2~3個ぐらいだそうです。

ひと箱は、スイーツのチョコレートではないので

苦いため難しいです。

そけに食べ過ぎは、弊害があります。

過ぎたるは・・・・・です。

"チョコレート効果・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント